交通事故の過失割合の基礎知識

交通事故の過失割合とは、当該事故において加害者と被害者の間でそれぞれの過失の割合を数値化したものです。賠償金の支払金額に影響する数値となります。被害者側にも責任があれば加害者はその責任分を損害額から差し引いて賠償することになります。過失割合はその根拠となる数字です。では、この割合は誰がどのように決めるものなのでしょうか。

交通事故が発生した時は警察が現場を検証し、状況や原因を記録として残します。しかし、この記録は刑事訴訟となった場合の資料であって、交通事故当事者間の過失割合を記録するものではありません。警察は民事不介入であり、示談や損害賠償などの民事については一切触れることはないからです。警察に問い合わせたとしても当事者間で話し合ってくださいと言われるだけです。

交通事故慰謝料の弁護士基準は?

示談交渉ではまず保険会社が交通事故の過失割合をだして、その数字を元に損害賠償額を提示してきます。保険会社は警察が発行する事故証明を元に、過去の判例に照らしあわせて過失割合を決めます。

ここで問題になるのは過去の判例といっても全く同一の状況で起こった交通事故などありえないということです。あくまで似通った判例を参考にし、その中でも最も加害者側に有利な判例を参考に過失割合を出してきます。保険会社としてはできるだけ賠償金額を抑えたいと考えているのですから当然です。

逆に被害者側から見れば不利な提案が持ち込まれていることになります。保険会社から持ち込まれた話に納得ができなければ安易に受け入れないことが大切です。

しかしながら、専門的な知識がなければ保険会社に対抗することはできません。納得がいかないまま、示談に合意してしまうことも少なくありません。そうなる前に弁護士など専門家に相談したほうが良いでしょう。