交通事故の慰謝料の基準

交通事故は逸どこで起こるか分かりません。しかし発生したときにはスムーズな対応ができるように警察や保険会社ではたくさんの手続きが行われています。交通事故ではケガなどによる肉体的な苦痛はもちろんのこと、この他に精神的なショックと言うことで苦痛を与えられることになります。

このような肉体的、精神的苦痛に対する損害の請求として慰謝料があります。この慰謝料に関しては現在我が国では3つの基準が設けられています。さまざまな事故の状況や加害者や被害者の状況によって当てはまる基準が異なっています。

多くの場合車の運転をする人は保険に加入しています。したがって戸のHK県が基準になっているということもあります。慰謝料の基準には自賠責基準と任意保険基準と弁護士基準というものがあります。この中で被害者に対して国が救済するものとして自賠責基準がありますが、これは最も低い金額となっています。

弁護士基準とは、被害者のかわりに弁護士が相手側と話しあいをすることで金額が決められるときの基準です。3つある基準の中では一番金額が高くなっています。それはなぜかというと、裁判を前提に話しあいを進めていくと言うことになるからです。

弁護士基準のほかには裁判基準や弁護士会基準、また日弁連基準などと呼ばれています。裁判日なったから認められると言うことではなく、弁護士が間に入って話しあいをしただけで認められることもあります。それは交通事故の損害賠償訴訟に早く対応できるように、各項目を定額化すると言うことを目的にして作られた基準となっているからです。

■こちらの記事も読まれています
交通事故の慰謝料は大きく3種類あります

【交通事故の最新記事】