交通事故の対応と過失割合

交通事故が起こると、その事実だけで動揺してしまう、必要な手続きなどがほとんど自分でできないというような状況になります。

人身事故の場合には警察がすぐに来て捜査と言うことが行われます。初めて事故を起こした場合には、この捜査の後に保険や示談交渉などに関してもすべて進めてくれると考えている人もいます。しかし警察は捜査以外は何も行ってくれません。

警察は民事不介入の原則と言うことによって被害者と加害者の相談の間に入ったりすると言うことがないのです。ここで警察が行うことは供述調書や実況見分調書の作成というようになっています。したがって交通事故を起こした人は警察による事情聴取が行われるようになっています。

軽い事故の場合には警察署へ同行する場合もあります。そこできになるのはどちらに過失があったのかという過失割合です。過失割合は警察が決めるのではなく、供述調書や実況見分長所から判断されるようになっているので、冷静に自分の状況を主張すると言うことが大切です。ここで自分の主張が認められない場合には、書類への捺印を拒否することもできます。

事故の後は動揺して物事を冷静に考えられないと言うこともありますが、示談交渉は損害賠償請求の際に重要です。したがってできるだけ正確に伝えると言うことが大切です。過失割合は交通事故の状況や過去の判例などと照らし合わせて決められています。

この基準に事故の個別の状況が合わさって判断されています。一旦停止をしなかったり信号無視があったのかというような要素によって決められています。

■こちらの記事も読まれています
過失割合が示談交渉で重要なポイントに!
【代理店の最新記事】